マクロビオティックのきんぴらごぼう


本日のマクロビ指数 ★★★★★


画像

マクロビオティックの本に載っていた 『きんぴらごぼうを作ってみました。
甘みを加えなくても ほんのり甘くて、おいしいきんぴらです。
今まで作ったきんぴらごぼうの中ではピカイチかも・・・。
おいしくできてよかったです。

・マクロビオティックでは、『アクをとる』という作業はしないようです。

今回使ったごぼうも、表面の土などをとるために、軽くタワシなどでこする程度。
そして、酢水などにもつけません。

ごぼうのアクには、ポリフェノールが含まれていることが最近判明したそうです。

そして、アク抜きをしていないごぼうは、15分ほど炒めます。
ここで、ごぼうの陰性な臭みが取れるので大切なプロセスのよう。

きんぴらごぼうが出来上がって、食べてみると・・・。

甘みは加えていないのに、ほんのり甘いんです。

これが、本来のごぼうの味?

それに、よ~く炒めたから、とても柔らかい。

おいしいです~。

オットにも好評でした♪



◇ きんぴらごぼうの作り方 ◇

材料:
ごぼう・・・50g
れんこん・・・30g
にんじん・・・20g
ごま油・・・大さじ1/2
水・・・大さじ5
しょう油・・・大さじ1

作り方:
1.ごぼうは軽くタワシで洗い、斜め薄切りにしてから、針のように細かく切る。
  にんじんも同様に切る。レンコンは薄いイチョウ切り。

2.鍋を熱してごま油を入れ、ごぼうを15分ほど炒める。

3.2にレンコン・にんじんと順番に加え、少々炒める。

4.大さじ5の水をいれ、時々箸でそっと上下を返しながら柔らかくなるまで煮る。
  決して、木ベラでかき混ぜたりしない。水気が足りないようなら、ほんの少し足してもよい。

5.しょう油で調味し、汁気がなくなるまで煮る。

※ 岡田恭子著 『ハッピーマクロビオティック教室』より引用

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マクロビ風恵方巻き

    Excerpt: 今年の節分・・・ 初めて恵方巻きを作ってみました。 関東生まれのわが家にとって、『恵方巻き』って節分では無縁だったのですが、 ここ最近は関東圏でも『恵方巻き』が節分には不可欠な存在のようですね。.. Weblog: ゆるやかマクロビ日記 racked: 2008-02-10 08:00